読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルになれなかった女

脱毛も、はや4回。


プロの域になりつつある。


される側の心得っつーか、

説明も「あー、はい、それね」なんて髪かきあげてニッコリ微笑んで余裕で聞き流してる。

全然平気。


股とかもう、恥ずかしくない。

剃り残しを見られても「ごめんねー」って軽い感じで受け止められてる。

私いい感じ。


股の毛を脱毛するのってかなり痛いんだけど、

でもこの前のお姉さんは冷やしてくれたなー


そしたら感覚が麻痺して痛くないったら。

ともすれば、寝ちゃってたりしてさ〜すごくない?


じゃぁ最初の方の痛みはなんだったっつー…


通過儀礼


そんな感じで、脇のくすぐったさも慣れてきた。


でもなぁ…


ひげ、薄くならないんだけど。

つーか衰える気配なし。

あたし、一応女です。


そんな感じで6ヶ月を過ごした。


6ヶ月って1年の半分だし。

そりゃ色々ある。


そりゃぁね、野獣も浮気する。


女の勘とかなんとか言いますけどね、

それはもうみごとな女の勘。

銭形警部とかもう真っ青。


会ってはないけど、メールだけだけど、

なんつって言い訳して

おめー、そいつと寝てんじゃねーか。


その余った皮を輪切りにしてオニオンフライ作ってやろうかと。

サイズ的にはポテコより小さいけど。


なんか、もうさ、プライドってこんなとこにあったんだ?

29年間どこ行ってたんだ?

ってぐらいちっぽけなプライドがガラガラと音を立てて崩れた。


ちくしょう…

綺麗になってやる


なぜかふつふつと湧き上がる闘争心。

上昇思想?

志向?


今に見てろ野獣。

私は美女だと気づかせてやる!

あたい、ベルになる。


ところで美女と野獣の実写映画化、

とても楽しみだなぁ…