読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊らされるma・yu・ge

ある程度歳を重ねると、人は誰しも悩み事を抱える。


色々考えて、悩んで、後悔して、うじうじしても解決しないどころか、余計悪化したりする時間がある。


それが、夜。


夜ってーのは怖いもんで、ちっぽけな悩みが人生を左右するもんに見えたり、

くだらないことに腹抱えて笑って涙流したり、

とにかく夜は怖い。


朝起きたときに100あった理性は、夜になると5くらいまで減ってんじゃないかなー


んで、寝るとリセット。


一夏の過ちって十中八九、夜起こってるわけ。


朝一とかあんま聞かない。


朝はどっちかってーと「あ、あたしったら一体全体…!?」


とにかく、夜は怖い。


あろうことかそんな夜に、私は人生初の所業を試みたのです。


花も恥じらう中学生、夜鏡を見てふと思った、「眉毛、太い、な」


それまでは自己愛の塊で、ぱっちり二重のお目目がベリーキュートとか思ってたのよ、鏡見るときって大抵目を見るじゃん。

だから自分ってすげー可愛いじゃんって。


かーちゃんもばーちゃんも、みんな可愛いって言ってくれるし。


でも周りのオマセな女の子たちがさ、段々眉毛が気になりだしたんだろうね、次々トランスフォーマーしていくわけ。


んで、あれ…?眉毛って…あれ?そういうことする場所なんだ…?

なんて自我が芽生えてきた。


そんで夜、すんげー夜。


鏡を覗いたらさ、モサっとした母親譲りの眉毛が鎮座してる。可愛い目の上に。


もうね、可愛くないの。


鏡の中に眉毛が見えると、途端に可愛くない。


そこからの仕事は速かった。初めてとは思えないぐらいのチャレンジ精神でグイグイ攻めた。


いじるっていうかもはや荒地、カウボーイハットかぶったおじさんが早撃ちし始めてもおかしくないほど乾いた大地。


でも至近距離の鏡は不思議なもので、

とても可愛く見えたし、大成功だと確信して眠りについた。


翌朝、お母さんにめちゃくちゃ怒られた。


あーもうあたしったら一体全体…っ!!


でも後の祭り。すっかり焼け野原。


「自分の顔を鏡で見なさい」と首根っこ掴まれて洗面所に連行され、鏡に映った母と娘、

真っ赤に泣き腫らしたまぶたと眉毛のないブサイクを見て母親は「ほら見なさいあんたブーーッ」て吹き出した。


なんで笑うのーーーなんて言いながら私も内心ブッサイクだなーて思って笑った。


眉毛には流行があって、太かったり、細かったり、下がったり、上がったり。

それこそ千年以上も前から剃るわ抜くわの大活躍、そんな眉毛。


……最近、自分の眉毛が気になるぅ。


こんな狭い敷地内で、どうしてそっちへ流れるのか、なんでそこにも生えちゃったのか、もっとこう左の眉毛に習って生えればいいのに。


あ、そっちの眉毛は右へ習え。


角度は何度で、目と平行もあり?薄すぎか、これは濃すぎか、目と離れすぎー…でも上は剃っちゃだめって言っちゃう?


もう…もうっ…!


でも一番気にしないといけないのは眉間の毛だよね。

気づいたら架け橋かかってっから。